見出し画像

松本耕治(UNIBA INC.)さんのためし書き #みんなのためし書き

今週以降の4回の更新は、ウェブ、システム、アプリの開発からインスタレーション、デザイン制作まで幅広く手掛けるクリエイティブチーム、UNIBA INC.所属の4人をお迎えして「ためし書き」していただきます。今回はデザイナー、松本 耕治さん。松本さんのためし書きは、よく見る「あのメッセージ」とのやりとりが行われているようですが……? ほのかな色合いも素敵な作品です!

画像2

Q. なにをためし書きしましたか?
A.ためし書きのデフォルト・メッセージと対話してみました。

Q. それをためし書きしたのはなぜですか?
A.キャンバスをとりあえずまっさらにしようと思って文字を全部消したら、「好きな文字列を入力してください」と出てきました。なんということはないメッセージなんですが、その時選択していたフォントのせいもあってか、なんだか優しくていいなって。それで、その文言はそのまま残そうと思いました。

Q. どんな点を気にして書きましたか?
A.僕がシステムに話しかけても返ってくることはないので、当然この会話はここでおしまいなんですよね。なので、ちょっと寂しい感じも出ればいいかなと思って書きました。

Q. どんな流れで組み立てていきましたか?
A.文言を検討してみたり、レイアウトを検討してみたり、特に順序立てて進めないで色々いじりながら置いて行きました。

使用したフォント:
筑紫Aオールド明朝

松本 耕治(UNIBA INC.)

画像1

デザイナー。UNIBA INC. 所属。
https://uniba.jp
http://khj-mtsmt.net/
twitter: @hiyashifish

FONTPLUS ためし書き

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7

こちらでもピックアップされています

みんなの「ためし書き」
みんなの「ためし書き」
  • 37本

クリエイターが普段どんな試行錯誤をしながらアウトプットにつなげているか、「FONTPLUS ためし書き」からちょっとのぞいてみませんか? デザイン、ライティング、エンジニアリングなど各界で活躍する方々に個人・集団の垣根なくオファーし、「ためし書き」を使い倒していただきました! ためし書きの機能をフルに使うもよし、美文を書くもよし、意外な活用法を編みだすもよし。自由に生み出された作品をお楽しみください。※「FONTPLUS ためし書き」は、フォントを試すだけでなく、デザインの検討やシェアが手軽に行えるウェブアプリケーションです。