見出し画像

稲福孝信(HAUS)さんのためし書き #みんなのためし書き

HAUSのプログラマー、テクニカルディレクター、稲福孝信さんにためし書きしていただきました。稲福さんは、NHK Eテレの番組で有名な『デザインあ』の企画展覧会内の 「デッサンあ」で展示用ウェブサイトの制作やアプリケーション・API等の開発などをされています。稲福さんのためし書きは、とあるソフトウェアのライセンス文。でも、なんだか普通の文書の真面目な感じとはちょっと違うような……?

画像2


Q. なにをためし書きしましたか?
A.「Do What The Fuck You Want To Public License」(WTFPL)
※というフリーソフトウェアライセンスの条文です。
※原文ママ

Q. それをためし書きしたのはなぜですか?
A.いまの気分をソフトウェアライセンスに例えました。

Q. どんな点を気にして書きましたか?
A.お堅い感じが出るよう努めました。

Q. どんな流れで組み立てていきましたか?
A.前述のリンクから文章を引用して、だいたい元の配置に近くなるよう調整しました。

使用したフォント:
Adobe Calson

稲福孝信(HAUS)

画像2

プログラマー、テクニカルディレクター。
https://h4us.jp/
https://github.com/inafact

FONTPLUS ためし書き

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7

こちらでもピックアップされています

みんなの「ためし書き」
みんなの「ためし書き」
  • 37本

クリエイターが普段どんな試行錯誤をしながらアウトプットにつなげているか、「FONTPLUS ためし書き」からちょっとのぞいてみませんか? デザイン、ライティング、エンジニアリングなど各界で活躍する方々に個人・集団の垣根なくオファーし、「ためし書き」を使い倒していただきました! ためし書きの機能をフルに使うもよし、美文を書くもよし、意外な活用法を編みだすもよし。自由に生み出された作品をお楽しみください。※「FONTPLUS ためし書き」は、フォントを試すだけでなく、デザインの検討やシェアが手軽に行えるウェブアプリケーションです。