デザイナーの秘密道具~デザイナー・角田綾佳さんを迎えて~
見出し画像

デザイナーの秘密道具~デザイナー・角田綾佳さんを迎えて~

こんにちは、FONTPLUSです。
FONTPLUSでは毎月第3水曜日に『FONTPLUS DAYセミナー』というオンラインイベントを開催しております。

「FONTPLUS DAYセミナー」とは…
第一線で活躍する著名な書体デザイナー、クリエーターやディレクターをお招きし、書体やタイポグラフィ、デザインなどのビジュアル表現にまつわるテーマで登壇者と参加者が一緒になって学ぶ、WebフォントのFONTPLUSが開催するイベントです。
「フォントおじさん」でおなじみ、関口浩之がセミナー進行を務めます。

前回は5月19日にデザイナー兼イラストレーターの角田綾佳(すみだあやか)さんをお迎えして「デザイナーの秘密道具」をテーマにお送りしました。

画像1

角田 綾佳
株式会社キテレツ デザイナー・イラストレーター
1981年大阪生まれ。ウェブデザイナーとして制作会社でのアルバイトや社員を経て、2006年からフリーランスとして活動、2017年から株式会社キテレツに加入。近年はDTPデザインやイラストレーションも手がける。イラストを取り入れたグラフィックデザインやロゴタイプ、ランディングページなどの制作を得意とし、また、情報設計から考えるデザイン手法にも定評がある。

前振りと休憩時間を除いても2時間強という、とても内容の詰まったセミナーだったのですが、中でも印象に残っているのは、「絵を描くのはジェスチャー」という角田さんの言葉です。
こちらのお話は角田さんがSNSに投稿されている「デザイナーの秘密道具」に関するトークで出た言葉なのですが、言葉で伝えきれないことを視覚的に補足し自分の伝えたいことを完成させるとお話されていました。
相手に伝わりやすくなるように工夫する、という考え方はデザイナーをされている方に限らず、人と接するうえでも大切にしていきたいですよね。

画像3

最後に、セミナー後にいただいた角田さんとフォントおじさんのコメントをご紹介します!

角田さん:
昨日のセミナーではありがとうございました。
デザイナーになる前のことなど、なかなかお話する機会もなく、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。コメントなどで補足いただいたみなさま、ありがとうございました!
今回初めて参加してくださった方がいらっしゃれば、フォントの話や、そうではない話など、生放送ならではのお話を楽しみにまたぜひご参加くださいね。

フォントおじさん(関口):
たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。角田綾佳(すぴか)さんのデザインに対する真摯な考え方、ワークスタイル変化への柔軟な対応などのお話が聞けて良かったです。後半でWebフォント事例で対談しましたが楽しかったね。

今月のFONTPLUS DATセミナーは来週6月16日(水)に開催します。
今週より申し込みを開始しておりますので、興味を持たれた方は是非ご参加くださいませ!

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 36[Font分析Labo ~たじまちはるさんを迎えて~]

3ヶ月連続(2021年4月〜6月)で女性デザイナーをお招きする企画の最終回は、マーケティングや戦略を踏まえたデザイン制作を大事に活動している、たじまちはるさんをお招きします。

画像3

【日程】2021年6月16日(水)19:00~ (20分前からイベント前振りトークを放送開始します)
【定員】150名 ※増席しました
【参加費】無料
【申し込み】https://fontplus.connpass.com/event/214474/

【 FONTPLUS とは 】

FONTPLUSは、2011年7月に、フォントワークス・イワタ・モトヤの3社と業務提携し、約200書体のWebフォントが使えるサービスとしてスタートしました。今年2021年7月で、記念すべき10周年となります。
2021年5月現在では、下記の14フォントメーカー、3,600書体以上のWebフォントをご利用いただけます。

フォントワークス、イワタ、モトヤ、白舟書体、方正(中国語)、Yoon Design(韓国語)、砧書体制作所、SCREENグラフィックソリューションズ、大日本印刷、凸版印刷、Jungle System(タイ語、ベトナム語)、Monotype(欧文・他)、Fontrix(韓国語)、昭和書体

そういった意味で、FONTPLUSは「百貨店型のWebフォント・サービス」と表現すると分かりやすいかもしれません。

今後も、新機能や新書体の追加、フォントメーカーの追加を検討しています。FONTPLUSについてご要望などがありましたらお気軽にご連絡ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!