【新書体追加!】Helvetica® Now書体

2019年4月にリリースされた「Helvetica® Now」!この度、FONTPLUSのWebフォントでも取り扱いになりました♪

画像1

「Helvetica®」は、1957年にスイスで生まれたサンセリフのローマ字書体です。1983年に改訂版「Neue Helvetica® 」が発表され、有名企業の制定書体としてよく用いられ、愛されてきました。そして、2019年にアップデートされた最新版が「Helvetica® Now」です。

書体ファミリー「Helvetica® Now」は、3つのオプティカルサイズをもち、それぞれ10ウエイト(Display)、8ウエイト(Text)、6ウエイト(Micro)とそのイタリック、合計で48のスタイルが用意されています。

「Helvetica® Now Micro」は、小さいサイズで組まれたり、解像度が低い場面で使用されることを想定しています。「Helvetica®」の印象を損なわないよう、シンプルでありながら強調されたデザインとなっています。また、文字がとても小さく使われた場合にも視認性が高くなるよう、スペーシングは非常に緩やかに設定されています。

「Helvetica® Now Text」は、本文用書体として、視認性を向上させるためスペーシングに特に注力し設計されています。ひとつひとつのストロークは力強く、「Helvetica® Now Display」と比較してコントラストが抑えられています。さらに、長文でも読みやすいようなスペーシングとなっています。

「Helvetica® Now Display」は、「Helvetica®」の繊細さを表現するために丁寧に描かれ見出しで使用できるようにスページングが考えられています。

デザイナーの想いや歴史を知り、フォント愛を深め、「Helvetica® Now」に合うデザイン力をつけていきたいですね。

また、FONTPLUSのWebサイトでは、「ためし書き」で自由にあなただけの作品を作ることができます。新しくリリースされた「Helvetica® Now」を使って、ぜひ作品を作り、SNSでシェアしてみてくださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10