見出し画像

尾崎雄太(グッドパッチ)さん #みんなのためし書き

今回はグッドパッチ所属のデザインエンジニア、尾崎雄太さんが登場です。尾崎さんは、メディアサイトから業務ツールまで、様々な案件で設計・開発に携わられています。
いつもはあまり自己表現をしないという尾崎さんですが、「ためし書き」では普段思っていることを詩的に表現してくれました。仕事に向かう静かな情熱が伝わってくる作品ですね。

画像1

Q. なにをためし書きしましたか?
A.普段感じていることを書きました。

Q. それをためし書きしたのはなぜですか?
A.技術職ということもあり、あまり「気持ち」を語る場面がないので、思い切りポエムを書きました。

Q. どんな点を気にして書きましたか?
A.一度使ってみたいと思っていた秀英明朝を使って「秀英明朝で書かれてそうなこと」を書いてみました。作者の息遣いまで伝わるような生々しさがあるフォントだと感じているので、難しいことはせずに、言いたいことをそのまま伝えようと思った次第です。

Q. どんな流れで組み立てていきましたか?
A.見出しをドーンと置いて、本文をつらつらと書いていきました。
文を書いて、画として眺めて、また書いて……を繰り返し、調整しました。普段やらない作業なので時間がかかったし上手くできているかわかりませんが、すごく楽しかったです。きちんとタイポグラフィを学んでみたいと思いました。

使用したフォント:
秀英明朝

尾崎雄太(グッドパッチ)

画像2

グッドパッチ所属。デザインエンジニア。
ガントリークレーンに萌えるVimmerです。
https://goodpatch.com/ja/

FONTPLUS ためし書き

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7

こちらでもピックアップされています

みんなの「ためし書き」
みんなの「ためし書き」
  • 45本

クリエイターが普段どんな試行錯誤をしながらアウトプットにつなげているか、「FONTPLUS ためし書き」からちょっとのぞいてみませんか? デザイン、ライティング、エンジニアリングなど各界で活躍する方々に個人・集団の垣根なくオファーし、「ためし書き」を使い倒していただきました! ためし書きの機能をフルに使うもよし、美文を書くもよし、意外な活用法を編みだすもよし。自由に生み出された作品をお楽しみください。※「FONTPLUS ためし書き」は、フォントを試すだけでなく、デザインの検討やシェアが手軽に行えるウェブアプリケーションです。